USBメモリーやDVDデュプリケーターを利用【便利DATA】

データを保存

USBメモリのウイルス感染

USBメモリはUSBポートさえあればどんな機器でも使用できるという利便性の高さもあり、誰でも使っている記憶媒体です。 しかし、ウイルスの脅威はこのような記憶媒体にまで忍び込むことが可能なので、しっかりとウイルス対策を行って、セキュリティを高めておく必要があります。 例えば、感染したパソコンにUSBメモリを挿してしまうと、USBメモリもウイルスに感染してしまいます。 そのメモリを他のパソコンに挿すことで、さらにウイルスの被害が拡大することになります。 ウイルスを蔓延させないためにも、USBメモリを含めて常にウイルチェックを行い、セキュリティソフトは最新の状態にしておくのが大切です。

データを守る方法について

持ち歩きできるUSBメモリの利便性は優れていますが、それを落としてしまうこともあり得ます。 中に個人情報などの重要な情報が含まれていたり、会社の情報が入っていたりすると、拾った人にデータを悪用されてしまうことにもなりかねません。 セキュリティを高めるためにも、データを守る防衛策を講じておくのが大切です。 それに適しているのがデータプロテクトです。 USBメモリにパスワードをかけたりデータを暗号化することが可能なので、万が一紛失してしまっても、データを読み取られる心配がありません。 最近ではフリーソフトでもデータプロテクトができるソフトがあるので、導入してみるのがおすすめです。 また、USBメモリ自体にセキュリティ機能を持つタイプも販売されているので、仕事でよく利用する方などはこのようなタイプを選ぶのが良いでしょう。